" />

兵種別の特徴(2020-03-29 23:04:48)

兵種別の特徴の編集履歴一覧へ戻る

2020-03-29 23:04:48更新でのソースとプレビューを表示しています。


プレビューを確認する


ソース

<h1><u>兵種別のユニットの特徴</u></h1>

<p>バトルに勝つためにはまず、そのバトルで使われるユニットを知ることが勝利への第一歩となるだろう。<br />
と言うことでこのページでは兵種ごとの特徴を紹介していきます。<br />
このページを見てデッキ構築などの参考になると嬉しいです。<br />
<br />
 </p>

<h2><u>槍兵</u></h2>

<p>全体的に能力が高めです。</p>

<p> スキル「槍兵連隊」(周囲に槍兵が増えるたびにHP3上昇、最大15まで)を殆どの槍兵が持っているため、基本的に集団で運用することになる。槍兵が2、3体集まれば序盤、中盤の敵ユニットに負けにくく、アドが取りやすい。<br />
 足が遅いため遠距離ユニットには相性が悪く、一方的に攻撃されてしまう。<br />
 騎兵のスキルの一つである、ランスチャージを無効化(ダメージを受けている可能性あり)、2倍のダメージ迎撃をすることが出来るため、騎兵対策に1,2体だけ入れても十分機能するだろう。ただし、迎撃できるのは槍兵の前方180°までで、飛兵ユニットのオーラには効かないので注意。また、騎兵に対してはダメージが1.6倍になるため白兵戦でも有利。<br />
 耐久力の低いメイジや弓兵を守るようにして行動するのがおすすめ。<br />
<img src="https://img.wiki3.jp/ValiantTactics2/槍兵.png" style="width: 200px; height: 192px;" /></p>

<p> </p>

<h2>騎兵</h2>

<p>能力値は槍兵の次ぐらいに高く、移動速度は11~22程の高スピードでフィールドを駆け抜けることが出来る。さらに物理、魔法の遠距離攻撃のダメージを半減(スキルによってそれ以上になる)するため、遠距離ユニットに対し有利。<br />
 4コスト以上の騎兵はランスチャージと言うスキルを持っている。これは、一定の距離を移動すると、騎兵がオーラを纏い敵に接触時オーラによるダメージ+吹き飛ばし、を食らわせることが出来るのだ。<br />
 このスキルを使いこなせば相手にかなりの被害を与えられる。<br />
 槍兵にあたるとオーラが消失する上に迎撃されてしまうのでぶつかる相手には十分気を付けよう。</p>

<p><img src="https://img.wiki3.jp/ValiantTactics2/騎兵.png" style="width: 200px; height: 192px;" /></p>

<h2><br />
弓兵</h2>

<p> 一般的なユニットの中では最長ともいえる攻撃射程を持っている。その反面、一般的な他のユニットと比べて能力面で劣っており、移動速度も低いため、いかに敵に接近されないかを意識して立ち回る必要がある。<br />
 前方に槍兵などを置いて前衛を作る事でより効果的に運用できるだろう。<br />
 一部の高コストユニットは一直線上の範囲攻撃スキルや、敵一体を指定してダメージを与えるスキルを持っており、使いこなせば敵を壊滅させることも出来るだろう。<br />
<img src="https://img.wiki3.jp/ValiantTactics2/弓兵.png" style="width: 200px; height: 192px;" /></p>

<p> </p>

<h2>メイジ</h2>

<p> 弓兵と同じ低めの能力値、弓兵よりちょっと低い攻撃射程、普通の移動速度を持っているユニット。<br />
 この兵種の真骨頂は個性的なスキルにあり、円形の範囲攻撃、コストをSPに変換、ドロー、能力増強などバトルに欠かせないと言っても過言ではない能力を持っている。<br />
 このユニットを使いこなせば、貴方はもうそのフィールドを自由に操れるだろう。<br />
 注意事項としてほとんどのスキルの発動に対してSPが必要なため、事前に準備しておくこと。<br />
<img src="https://img.wiki3.jp/ValiantTactics2/メイジ.png" style="width: 200px; height: 192px;" /></p>

<p> </p>

<h2>工兵</h2>

<p> 能力値はHPが高め、攻撃力が低めとなっている。<br />
 この兵種が居なければフィールドに建物や建造ユニットなどを立てることができない。<br />
 スキルで建物を建てることが出来るユニットも存在する。<br />
 メイジはリソースを消費して効果を発動することに長けているのに対し、工兵はリソースを生産することに長けている。<br />
 また、工兵が建築するタワーなどの攻撃能力を持つ建物はユニット数に含まれないため、戦力増強や施設の防衛などにユニットを使いたくない時などにも使える。<br />
<img src="https://img.wiki3.jp/ValiantTactics2/工兵.png" style="width: 200px; height: 192px;" /></p>

<p> </p>

<h2>レンジャー</h2>

<p> 全体的に能力は低いものの移動速度が速く、索敵範囲も広いため、敵に気付かれずに一方的に相手の情報を入手することが出来る。<br />
 スキルもトリッキーなものが多いため、上手く使いこなすとよりこのゲームを楽しめる。<br />
<img src="https://img.wiki3.jp/ValiantTactics2/レンジャー.png" /></p>

<h2> </h2>

<h2>飛兵</h2>

<p> 厳しい配置条件を達成することで初めて召喚できる騎兵のような兵種であり、騎兵のチャージランス、飛び道具耐性に加え、攻撃態勢時以外は近接攻撃が効かないという能力を持つ。<br />
 このユニットを使えば大体の敵は蹴散らすことが出来る。特性サモン、エクストラを持っているのでサーチしやすく、その能力故にフィニッシャーとしての能力も高い。<br />
<img src="https://img.wiki3.jp/ValiantTactics2/飛兵.png" /></p>

<h2>弓騎兵</h2>

<p> こちらも厳しい条件を達成することで召喚できるユニットで、騎兵の移動速度と弓兵の射程を併せ持ったユニット。<br />
 ステータスは弓兵同様低め。<br />
 飛兵のようなフィニッシャーとなれる能力ではないが、基本的に敵に追いつかれて攻撃されるということが無いため、騎兵、槍兵、メイジには一方的に攻撃できる。<br />
 敵に継続的に圧力をかけていくユニット。スキルを使用すれば魔法への耐性も得ることが出来る。<br />
<img src="https://img.wiki3.jp/ValiantTactics2/弓騎兵.png" /></p>
}

プレビュー

兵種別のユニットの特徴

バトルに勝つためにはまず、そのバトルで使われるユニットを知ることが勝利への第一歩となるだろう。
と言うことでこのページでは兵種ごとの特徴を紹介していきます。
このページを見てデッキ構築などの参考になると嬉しいです。

 

槍兵

全体的に能力が高めです。

 スキル「槍兵連隊」(周囲に槍兵が増えるたびにHP3上昇、最大15まで)を殆どの槍兵が持っているため、基本的に集団で運用することになる。槍兵が2、3体集まれば序盤、中盤の敵ユニットに負けにくく、アドが取りやすい。
 足が遅いため遠距離ユニットには相性が悪く、一方的に攻撃されてしまう。
 騎兵のスキルの一つである、ランスチャージを無効化(ダメージを受けている可能性あり)、2倍のダメージ迎撃をすることが出来るため、騎兵対策に1,2体だけ入れても十分機能するだろう。ただし、迎撃できるのは槍兵の前方180°までで、飛兵ユニットのオーラには効かないので注意。また、騎兵に対してはダメージが1.6倍になるため白兵戦でも有利。
 耐久力の低いメイジや弓兵を守るようにして行動するのがおすすめ。

 

騎兵

能力値は槍兵の次ぐらいに高く、移動速度は11~22程の高スピードでフィールドを駆け抜けることが出来る。さらに物理、魔法の遠距離攻撃のダメージを半減(スキルによってそれ以上になる)するため、遠距離ユニットに対し有利。
 4コスト以上の騎兵はランスチャージと言うスキルを持っている。これは、一定の距離を移動すると、騎兵がオーラを纏い敵に接触時オーラによるダメージ+吹き飛ばし、を食らわせることが出来るのだ。
 このスキルを使いこなせば相手にかなりの被害を与えられる。
 槍兵にあたるとオーラが消失する上に迎撃されてしまうのでぶつかる相手には十分気を付けよう。


弓兵

 一般的なユニットの中では最長ともいえる攻撃射程を持っている。その反面、一般的な他のユニットと比べて能力面で劣っており、移動速度も低いため、いかに敵に接近されないかを意識して立ち回る必要がある。
 前方に槍兵などを置いて前衛を作る事でより効果的に運用できるだろう。
 一部の高コストユニットは一直線上の範囲攻撃スキルや、敵一体を指定してダメージを与えるスキルを持っており、使いこなせば敵を壊滅させることも出来るだろう。

 

メイジ

 弓兵と同じ低めの能力値、弓兵よりちょっと低い攻撃射程、普通の移動速度を持っているユニット。
 この兵種の真骨頂は個性的なスキルにあり、円形の範囲攻撃、コストをSPに変換、ドロー、能力増強などバトルに欠かせないと言っても過言ではない能力を持っている。
 このユニットを使いこなせば、貴方はもうそのフィールドを自由に操れるだろう。
 注意事項としてほとんどのスキルの発動に対してSPが必要なため、事前に準備しておくこと。

 

工兵

 能力値はHPが高め、攻撃力が低めとなっている。
 この兵種が居なければフィールドに建物や建造ユニットなどを立てることができない。
 スキルで建物を建てることが出来るユニットも存在する。
 メイジはリソースを消費して効果を発動することに長けているのに対し、工兵はリソースを生産することに長けている。
 また、工兵が建築するタワーなどの攻撃能力を持つ建物はユニット数に含まれないため、戦力増強や施設の防衛などにユニットを使いたくない時などにも使える。

 

レンジャー

 全体的に能力は低いものの移動速度が速く、索敵範囲も広いため、敵に気付かれずに一方的に相手の情報を入手することが出来る。
 スキルもトリッキーなものが多いため、上手く使いこなすとよりこのゲームを楽しめる。

 

飛兵

 厳しい配置条件を達成することで初めて召喚できる騎兵のような兵種であり、騎兵のチャージランス、飛び道具耐性に加え、攻撃態勢時以外は近接攻撃が効かないという能力を持つ。
 このユニットを使えば大体の敵は蹴散らすことが出来る。特性サモン、エクストラを持っているのでサーチしやすく、その能力故にフィニッシャーとしての能力も高い。

弓騎兵

 こちらも厳しい条件を達成することで召喚できるユニットで、騎兵の移動速度と弓兵の射程を併せ持ったユニット。
 ステータスは弓兵同様低め。
 飛兵のようなフィニッシャーとなれる能力ではないが、基本的に敵に追いつかれて攻撃されるということが無いため、騎兵、槍兵、メイジには一方的に攻撃できる。
 敵に継続的に圧力をかけていくユニット。スキルを使用すれば魔法への耐性も得ることが出来る。


ソースを確認する


兵種別の特徴の編集履歴一覧へ戻る