" />

バトルの流れ

バトルの流れの編集履歴一覧へ戻る

背景色がついた文章が変更のあった箇所になります。背景色の示す意味は以下の通りです。

追加された内容
削除された内容

比較結果

<h2>バトルの流れ</h2>
<p>VALIANT TACTICSはカードゲームとRTS(リアルタイムストラテジー)を融合したゲームです。<br />


<p>VALIANT TACTICS(バリタク)はカードゲームとRTS(リアルタイムストラテジー)を融合したゲームです。<br />

プレイヤーはカードを広大なフィールド上で自在に動かすことができ、既存のカードゲームとは全く異なるゲーム性を有します。<br />
プレイヤーはカードを広大なフィールド上で自在に動かすことができ、既存のカードゲームとは一線を画するゲーム性を有します。<br />
<br />
ユニット、スペル、オペレーションなどのカードで30~45枚のデッキを構築し、縦横無尽にカードを動かし、<br />
敵指揮官または敵拠点のHPを0にすることで勝利を目指します。</p>
<h2>タクティクスフェイズとアクティブフェイズ</h2>



<p>バトルではユニットの配置や移動命令、スペルやオペレーションを使用するタクティクスフェイズ。<br />

タクティクスフェイズに配置したユニットをリアルタイムで動かし、スキルの使用や戦闘などを行うアクティブフェイズ。<br />

この二種類のフェイズを繰り返すことでターンが経過し、バトルが進んでいきます。</p>


<p> </p>
<h2>序盤 1~4ターン</h2>



<p> 序盤は配置することでカードをサーチすることが出来るユニットやEXコスト、SPを増加させる建物などを出して高コストのユニットを出せるようになる終盤に備えましょう。<br />

 また、フィールドの中心にあるSPポイント、EXコストポイントも出来る限り占拠して、自分のアドバンテージを増やしていきましょう。可能であれば敵の建物の位置や種類を把握するために偵察なども行っておきましょう。時には敵の建物を建築している工兵ユニットを排除するなどの妨害も必要です。<br />

 </p>



<h2>中盤 5~8ターン</h2>



<p>アグロなどの低コスト主体のデッキならば、大型のユニットが出撃してくる6ターン目、8ターン目の節目を意識して攻めていきましょう。<br />

敵拠点を壊すのは数ターンかかるため、城壁を攻撃するならば、ユニットがそろい次第いつでも敵拠点を攻撃できるように準備、行動しておいた方がいいでしょう。<br />

敵指揮官を撃破する場合は事前に敵指揮官の場所を把握しておきましょう。このターンになると敵指揮官が周りをユニットで固めていたりするのでそういった場合も想定して攻撃の準備をしておきましょう。</p>



<h2><br />

終盤 9~対戦終了まで</h2>



<p>終盤になってくると敵も高コストのユニットをバンバン出してくるので自分の指揮官が攻撃されないように立ちまわりつつ、敵指揮官、敵拠点を攻撃していくことになります。<br />

また、自分のデッキが切れると自拠点の耐久値が少しずつ減って来るので、長期戦になりそうであればサーチ系のカードの使用を抑えることも必要になって来るでしょう。</p>



<p> </p>



<p> </p>



<p> </p>


バトルの流れの編集履歴一覧へ戻る